相続・節税、個人や法人を対象とした高度な会計・税務・財務は東京都台東区蔵前の横山公認会計士事務所へ。

お問い合わせ
記帳代行

給与・年末調整

給与・年末調整

給与計算とは、雇用契約等の諸規定・各種法律に基づき決定された支給総額から、健康保険・厚生年金保険・雇用保険の社会保険料、源泉所得税や住民税、その他会社の組合費・積立金等を控除し、最終的な差引支給額を計算する手続きをいいます。

給与計算は、従業員を雇用する上で毎月必要となる大切な業務です。しかし、日々の業務の合間に、全従業員分の給与計算を支払期日までに円単位まで正確に完了させるのは大変な作業です。従業員にとっては、たとえ数円であっても大切な給与の一部です。わずかなミスが結果として会社に対する不信感につながる場合もあります。正確に計算された給与が支払われることは、働く上でとても重要な要素と言えます。

 対象のお客様

卸売業・情報通信業・小売業・サービス業・保険業を営む法人、公益社団法人、公益社団法人、社会福祉法人、一般社団法人、学校法人等
個人事業主(例:医師、歯科医師、弁護士、司法書士、美容師、保険外交員、公務店、小売店、飲食店、プロスポーツ選手、作家、音楽家、WEBデザイナー他)

 サービス内容

給与計算業務では、給与計算全般に関わる従業員情報の登録、給与・賞与計算、各人別給与明細書を作成し支給額をご報告させて頂きます。

年末調整では、扶養控除等申告書・保険料控除申告書等をご記入頂き、源泉徴収票を作成致します。
また各従業員の方がお住まいの市町村への給与支払報告書・源泉徴収票の提出も行います。

 対応可能地域

東京・神奈川・千葉・埼玉の関東エリアを中心に北海道から沖縄まで全国47都道府県対応可能です。

 業務の流れ

<給与・賞与計算>

1▼ 会社情報・従業員情報・勤怠データ等の入力
2▼ 勤怠データより給与・賞与の計算をし、金額のご報告。各人別明細書の印刷発送
3▼ 給与の報告

<年末調整>

1▼ 扶養控除等申告書・保険料控除等申告書の発送(上記申告書を御記入いただき、控除証明等と合わせて返送)
2▼ 年末調整をし、金額のご報告
3▼ 源泉徴収票・お預かり資料の発送

 よくある質問

  ※お探しのご質問をクリックして下さい。 下記以外のご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

Q. 年の中途からでも依頼できますか?

アンサー

もちろん対応可能です。

Q. タイムカードや出勤簿の集計もお願いできますか?

アンサー

はい。もちろんです。お客様のお手間を省くための対応は最大限させていただいております。

Q. 扶養に入る要件は、103万円と130万円のどちらが本当なのでしょうか?

アンサー

103万円は所得税法上の控除対象配偶者・扶養親族に該当するための要件です。これは毎月の給与から控除される源泉所得税額・年末調整で計算される源泉所得税額に影響します。
一方、130万円は、健康保険法上の被扶養者の認定基準です。こちらは、130万円を超えると自分で健康保険料等を払わなくてはならないというものです。

Q. 年末調整しなかった場合はどうなるの?

アンサー

確定申告により納付・還付手続きを行います。

Q. 年末調整での所得控除はどんなものがありますか?

アンサー

簡単に書かせていただくと下記のものがあります。
なお、下記に加え住宅ローン控除があります。


  ・基礎控除
  →一律38万円

  ・配偶者控除
  →38万円(70歳以上であれば48万円)

  ・配偶者特別控除
  →0~38万円

  ・扶養控除
  →16歳以上(38万円)、19歳以上23歳未満(63万円)、70歳以上(48万円)、
   70歳以上の同居者で夫婦どちらかと血縁にある場合(58万円)
   *それぞれ1人につき

  ・障害者控除
  →27万円(特別障害者の場合は、40万円。生計を共にしている場合は75万円)
  *それぞれ1人につき

  ・寡婦(夫)控除
  →27万円(特定寡婦である場合には35万円)

  ・勤労学生控除
  →27万円

  ・生命保険料控除
  →最高12万円

  ・社会保険料控除
  →年間で給与から控除された又は支払った金額の全額

  ・小規模企業共済等掛金控除
  →年間で支払った金額の全額

  ・地震保険料控除
  →最高5万円

Q. 医療費控除は年末調整ではできないのですか?

アンサー

医療費控除は確定申告でしか控除できません。

Q. 年の中途で扶養にしていた家族が死亡したのですが、年末調整で扶養親族に該当しますか?

アンサー

該当します。扶養の判定は死亡時にされます。

Q. 年末調整後、両親が扶養親族に該当する事が判明しました。もう一度年末調整できますか?

アンサー

再調整できる場合もありますが、確定申告をすることになります。

Q. 年の中途で就職した場合、以前働いていた職場の収入は年末調整に含めなければならないのですか?

アンサー

以前の所得と合算する必要があります。










良く安く早く。そして「信頼」を大切に。お客様にとって「良きビジネスパートナー」であるよう努めております。